スタッフのつぶやき

黒基調の大人仕上げ「ダムシン」

2019年6月24日

漆黒と金もしくは銀のメッキとの対比が美しいダムシン仕上げ。凹部分の漆黒は、漆を焼き付ける方法が昔からありましたが、最近では黒ラッカーを焼付塗装することも多くなっています。上品で落ち着いた仕上がりになります。

エポ盛り!

2019年6月17日

バッジの色や印刷面を保護するために、透明エポキシ樹脂でコーティングをします。木工用ボンドが固まって透明になったような雰囲気です。もちろんボンドのようにヤワじゃありません。しっかりバッジを守ります。「エポ盛り」と言っています。

これぞ職人技

2019年6月10日

空箱職人 はるきるさんの紙工作がすごい。商品のパッケージの柄や世界観を活かした作品の精緻さにびっくりしました。それにしても空箱熱さまシートの坊やは8等身だったんだ(笑)。

東宝怪獣根付newシリーズだって

本日、世界同時公開のゴジラ映画最新作「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」に登場する怪獣の「根付(ねつけ)」が渋い。「ゴジラ」のほか「キングギドラ」「モスラ」「ラドン」の4種。根付とは、印籠や煙草入れなどを和装の帯に提げる留め具のことだけど、装飾系グッズなのでなんでも使えるね。でも10000円(税抜)もした……。

チーバくんのピンバッジ

ご当地キャラクターのピンバッジを買う人はどんな人? と思っていたら、家族が千葉の仕事帰りにチーバくんバッジを300円も払って買ってきました(笑)。あやうく私がそのバッジを失くしかけたんだけど、他の方が落ちていたバッジに気づき、事なきを得ました。ヤバッ。

生地に負担をかけないバッジの付け方

2019年5月16日

ネジ穴のあるスーツなら生地に負担をかけずにバッジを装着できますが……、そうでない場合は生地に空いた針穴が気になってしまうことがあります。衣服に負担をできるだけかけないバッジの付け方としては、布が薄いときは別布やフェルトをあてがう、もしくは比較的丈夫な縫い目の部分に針を通すといいでしょう。もし穴が気になったら、スチームアイロンで蒸気を当てると穴が目立ちにくくなりますよ!

ピンズ型のくるみボタン

古本市でボタン博物館のビジュアル本を立ち見した。アンティークな、くるみボタンの雰囲気よくて、ピンバッジにしたら雑貨としてかわいいかもと思った。で調べたら、手芸キットであるのね。

アウトドアブランドのステッカー

知人のキャンプグッズを見せてもらったところ、「ノースフェイス」(※アウトドアブランド)の文字が。高価なものを使っているのね、などと思っていたら、ただ、ステッカーを貼っただけなんですって。ステッカーも使いようですね。自分らしさも演出できるしね。お気に入りのピンバッジをバッグや帽子、服につけるのと同じような感覚だなと思ったのでした。

つい声に出したくなる言葉

2019年4月19日

「銀いぶし凸金メッキ」! 凸は“とつ”と読みますが、なんだか寿司屋で威勢のいい職人が注文を復唱しているような格好いい響きがあります。なんども言ってしまいたくなるような感じと申しますか。実際、燻された銀のバッジに金の装飾が入り、“いい仕事”のバッジ仕様なんです。

五円玉は漢数字だけ?

2019年4月12日

1万円札、5千円札、千円札の紙幣と500円硬貨が新しくなることになりました。紙幣などは漢数字が大きいと海外のお客様に不便だとかで、洋数字がバーンと前面に。でもでも! 実は5円硬貨は漢数字だけしか書かれていないんですって。あっ、本当だ。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. »
製作実績
ブラザー工業株式会社
複合機、プリンター、
ファクスメーカー
イオン株式会社
商品小売、ディベロッパー
東日本旅客鉄道株式会社
旅客鉄道事業・貨物鉄道
事業
製作実績一覧
よくある質問
立川徽章(バッジ専門店)公式facebook
立川徽章(バッジ専門店)公式Instagram
ショッピング
店舗へのご案内

新宿店(トロフィー生活内)
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7丁目15-1
アパライトビル1階
【店舗営業時間】
平日 11:00 ~ 18:00
休業日 土曜・日曜・祭日
立川本社
〒190-0022
東京都立川市錦町5-19-4
【店舗営業時間】
平日 9:30 ~ 18:00
休業日 土曜・日曜・祭日

【お問い合わせ】
TEL:042-595-8545
MAIL: info@shasho-original.com
お問い合わせフォーム

初めてのバッジ作成のご相談でも
お気軽にご来店ください。

スタッフのつぶやき

黒基調の大人仕上げ「ダムシン」

担当:モカ  2019年06月24日

漆黒と金もしくは銀のメッキとの対比が美しいダムシン仕上げ。凹部分の漆黒は、漆を焼き付ける方法が昔からありましたが、最近では黒ラッカーを焼付塗装することも多くなっています。上品で落ち着いた仕上がりになります。

社章・バッジのつぶやき
ピンバッジマニアのつぶやき