原型彫刻・金型彫刻

原型彫刻と金型彫刻に付いて、複雑は形の社章・ピンバッジ・ピンズ・襟章を作成する場合は、金型作成を二回の工程で作成します。

原型彫刻と金型彫刻に付いて、複雑は形の社章・ピンバッジ・ピンズ・襟章を作成する場合は、金型作成を二回の工程で作成します。原型彫刻とはバッジ原寸よりも大きなサイズで樹脂に彫刻を行う事を言います。バッジの原寸は小さいので、細かな彫刻を原寸サイズで行うと再現できる限界があります。原寸より大きいサイズで彫刻を行う事により細かな彫刻をする事が可能なのです。職人や工房にもよりますが、コンピューターと機械で彫刻する場合と完全に手彫りで行う場合とあります。コンピューターの方が寸法の狂いが無いので性格差を求める作業をコンピューターで行い、細かな表情であったり雰囲気を作る作業は人間の手彫りで行った方が良く出来ます。

一番良い方法はコンピューターで正確な寸法である程度彫刻を行い仕上げは手作業で彫刻を行い、彫刻に深みを持たす方法が一番品質の高い物が出来ると言われています。

金型彫刻とはバッジをプレスするための金型作成の事を言います。原型彫刻で仕上がった原寸より3倍サイズの樹脂型を専用の彫刻機に置き、実物サイズの金型を彫って行きます。機械で彫りますが手作業での彫刻になります。細かい細工の確認は顕微鏡を見ながら彫刻を行います。

出来た金型で生地にプレスを行います。使い終わった金型は、追加対応が出来るように緑色の錆止めを塗って保存して置きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です